スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

富良野&息子の本

2013.08.06(09:00)

先週の水曜日(7月31日) に「きなママさん」の居る富良野へお出かけ
しましたが、帰りにはいつもの、「富田ファーム」に寄りました。♪
去年よりまた一段とすばらしかったですよ。!

DSCF3488.jpg

花の数や種類が増えた感がします。!!

DSCF3487.jpg

本当に癒されますよね。o( ^_^ )o 

DSCF3489.jpg

「メロンパン」と「ラベンダーソフトクリーム」を食べました。! 美味しかったです♪(^_^)v

DSCF3486.jpg

座るスペースが広くなって、おしゃれでステキです。!☆  外国に来たみたい。
東南アジアの団体客で沢山の人出です。普通の日なのに、! 
曜日はあまり関係ないみたいですね。!

DSCF3485.jpg
また来年行くのが楽しみです。






<次は、私の息子の事です。>

次男が逝ってから今年の5月で6年が経ちました。
親しくして頂いている、ジャーナリストの「三宅勝久氏」がこの度本を出版しました。

題名は『自衛隊員が泣いている』です。 この本の47ページに、次男の大助が載っています。
読んで頂けるとうれしいです。他にも犠牲になった方々が載っています。
すべて本当の事です。 私の力は小さいかもしれません。でも情報だけは知って頂きたいのです。

本を出して頂けて、きっと息子は喜んでいると思います。
宜しくお願い致します。

DSC_2718.jpg

こちらから購入出来ます。

アマゾン


今日も遊びに来て下さいまして、
ありがとうございます。

スポンサーサイト





生と死について考える深い日

2013.05.14(17:44)

今日は1年に一度の私の特別な日。

次男大助の本命日の日です。5月14日 6年目になります。
私にとっては長かった6年でした。生きていたら31才。きっと家庭を持っていたでしょう。

時間は戻りません。どんなに思っても、彼と会う事はもう2度とないのです。
でもいつも心の中に彼の面影は消える事は有りません。
これは運命であり、切ない思いで生きて行くのも私の人生なのです。

母親として、思うのは、娘、息子(長男、三男)の3人が人生を全うして、私よりも
長生きして欲しいと言う事です。もう「逆さ仏」の経験はご免ですから。

思いがけず、娘と孫娘が、お花を持って会いに来てくれました。

DSC_2495.jpg

うれしかった。♪
娘にとっても特別な日なので、休暇を取ったとの事でした。♪♫
たいした長話をした訳ではないけれど、この日に一緒に入れた事がとてもうれしかった。
次男の亡くなった次の日に生まれた子は明日、6才になる。
「母の日」に、ママに「カレー」を作ってあげたいと、パパと頑張ったそうだ。
優しい孫娘♪

6年も立った。やはり長い年月・・・・

夕方、好きだったキムチと、いくらの乗った生寿司を仏前に供えた。
いつも「キムチ」を肴にビール500mlを6缶飲んでもケロッとしていた子。
186cmの がっちりした体格。筋肉質のうでを思い出します。そして笑顔。
笑顔の可愛い子でした。・・・


私は昨年から、前を向いて生きて行けるようになりました。いくら親子でも、人生は別々です。
これから何年〜何十年?残っているか解らないけれど、自分の人生ドラマを生きて行くだけ。
良い人生にするかどうかは自分次第だから。♪・・・・・



今日のお昼ごはんは、久しぶりに「トマトソースのスパゲテイー」と「玄米アイスクリーム」

パスタもトマトピューレもイタリアの製品です。生協ストアーに有ったのですが、
有機の表示でした。無農薬ではないですが、良品だと思います。
とても美味しかったですよ。♪

DSC_2494.jpg

12日の「母の日」に 主人が庭に咲いてる水仙の花を持って来て、元気くんを抱っこしながら
「お母さん、はい母の日だよ」と言って私にくれました。
いつも気のきかない主人なのに!  びっくり!!
私としてはサプライズでした。!
その気持ちがとってもうれしかった。こちらこそありがとう

DSC_2472.jpg



私を支えてくれるペットの一人、「さくら」も今年で6才です。
さくら、ありがとう 元気で長生きしてね。♪

DSC_2419.jpg


今日もブログに遊びに来て下さいまして、
ありがとうございます。
 





今日は息子の月命日

2012.10.14(12:25)

今日14日は、私の次男の月命日です。
今まで、このブログではあまり触れて来ませんでしたが、重い事も避けずに、
出して行こうと思います。
息子は自殺ですが、この言葉は罪を問う感じが強くて嫌いですので、
自死と伝えたいです。
次男は死にたくて行った訳ではなく他者から執拗に追い込まれての死ですので、自死と表現します。

近年、日本では毎年3万人も自死しています。
次男のように、社会から追い込まれて死を選ぶ人が多い、生きづらい世の中と
感じます。なので、自殺より自死という表現に変えるべきと思います。
残された遺族が、自殺と言う言葉に偏見などで、さらに傷つくからです。

私は自死遺族が出版している本を2冊読みました。

全国自死遺族連絡会 田中幸子さん出版の本と
子を亡くした母親たちの会「桜会」 エッセイスト松村あい子さん著


DSC_2120.jpg

「桜会」の方は全員自死ではありません、松村さんは、自死遺族です。

どちらの本も、遺族のあるがままを表現されています。
自死未遂者は、自死した人の10倍いるそうです。
色んなかたに読んで頂きたい本ですね。遺族になると、どんなに悲しみ苦しむか!を
解って頂きたいです。自死を踏みとどまって頂きたいですので。

私は「桜会」の本を読んで、不思議な気持ちに成りました。
なぜなら、悲しみを経験しているのに、皆さんが、前を向いて歩いている。
希望を感じました。すごい!と思います。
悲しみに落ち込んでしまうと、上がるのが、とても難しいです。
私は落ちては上がり、下がってと5年間繰り返して来ました。
今年の1月にまた下がり、落ち込む日々。・・そして、2月から次男のブログを

一緒に生きて行こうね♡♡ を開設していました。
9月で、一応更新はストップしています。止めて消そうと思っていたのですが、
ランキングから降りてもなお、アクセスして下さる人達がいらっしゃるので、
消すのを保留にしています。
見て下さっている方々ありがとうございます。m(_ _)m

ブログや本のお陰とそして、お友達が出来まして、同じ想いの方と。
前を向いて歩き出す事が出来ました。
悲しみは有っても、落ち込む事はないと強く思える日々です。
次男に感謝です。ブログに来て下さる皆様に心から感謝です。

♪言葉にできない/


今日はペットは関係ありませんが、見て下さいまして、
ありがとうございます。





自死遺族として

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 富良野&息子の本(08/06)
  3. 生と死について考える深い日(05/14)
  4. 今日は息子の月命日(10/14)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。