スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

可愛いお客様&秋の手作り酵素ジュース♪

2013.09.23(01:00)

可愛いお客様は、お得意様のリリちゃん。♪
トイプードル、1才 女の子 ホテルのご利用で2泊です。

すっかり、「さくら」のお店に慣れています。♪ まるで家の子みたい。(^_-)-☆
誰にでも、ちょっかいかけるので、皆タジタジです。!(笑)

DSC_2869.jpg

おてんばさんの、リリちゃん。痩せています。食が細い子なので、
良いフードを食べさせてあげたいです。

DSC_2867.jpg


春の「酵素ジュース」に次いで、第2弾 
秋の「酵素ジュース」です。
手作りは市販のものより、安価で、濃い酵素を作れますので、弾ぜん手作りが良いです。

市販のは法律で加熱するように決まっているそうです。酵素は熱に弱い物質ですので、
半減してしまいます。

食物酵素は、人体にある消化酵素と同じ物だそうです。
消化酵素が増える、その影響で代謝酵素も増えます、そして新陳代謝が活発になり
免疫力が上がるので、肥満を防止したり、健康を維持するわけです。

自分の体内酵素の量は加齢、深酒、喫煙、
高カロリー食、不規則、睡眠不足、ストレスで減り続けます

体内酵素の無駄遣いを止めて、出来るだけ酵素を取り入れましょう。
酵素は野菜果物、肉魚にもありますが、酵素が増えて安定してとれるのが、
酵素ジュースや発酵食品、漬け物です。


と違って、はこれから冬を乗り越えるためのエネルギーになる酵素なので、
体を暖める根菜類が主役です。その他、身近な野菜や果物を使います。
なるべく多くの種類を使うそうですが、私のは2回に別けて作りました。
材料が1度にそろわないので。

始めは「リンゴ、トマト、きゅうり、じゃがいも、カボチャ、とうもろこし」
    
DSC_2800.jpg

「白菜の間引き菜、ツユクサ、玄米」の合計9種類。

DSC_2801.jpg DSC_2806.jpg
DSC_2804.jpg

リンゴを切っている所。リンゴだけはマーケットで買いました。
農薬がついているので、皮はむきました。
全部、浄水で洗って、1〜2cmくらいに切ります。

DSC_2803.jpg

総量の1.1倍の重さの白砂糖を使います。私はグラニュー糖(てんさい)を使っています。
酵素ジュースには、白砂糖でなければ、出来ません。黒砂糖には不純物が
混じっているため、発酵が正しく出来なくて、腐敗してしまうそうです。
砂糖について、疑問の方はこちらをご覧下さい。 白砂糖 手作り酵素ジュース

9種類の総重量は5kgありましたので、グラニュー糖の量は5.5kgです。

材料を洗って切ってキレイな容器に入れます。(私は大きなナベに漬け物用のビニール袋を
入れてやりました。)
その上に砂糖をかけます。次の材料を切って入れてまた砂糖を入れる作業を交互に
行います。

DSC_2802.jpg

最後に残った砂糖をかけてフタのようにして。軽く袋の口にゴムをします。
(空気がはいるように開けて置く)

DSC_2807.jpg

数時間で砂糖が溶けて来ます。
混ぜないでそのまま、1晩寝かせます。

DSC_2808.jpg

次の朝、開けると、砂糖は溶けて、材料から液体がかなり出ています。
手をキレイにして、素手で、右回りに混ぜます。底に砂糖が沈んでいるので、
手ですくうように全体を混ぜます。
毎日1回、素手で混ぜます。手についている「常在菌」によって、発酵が進みます。
自分の手で混ぜる事で自分に合った「酵素ジュース」が出来ます。

DSC_2809.jpg

追加の材料が来ました。人参、梨、プルーンの3種類です。
別容器に入れて、砂糖の量を決めて作業をしました。

DSC_2824.jpg

暗くするためタオルを巻きます。

DSC_2825.jpg

こんなに、きれいな色が出て来ました。
本当は「山ぶどう」を入れたかったのですが、手に入らないので、あきらめました。
なるべく無農薬の自然なものにしたいんですが難しいですね。

DSC_2859.jpg

二つを一緒に合わせて、1週間で、ザルに入れて漉しました。
1日くらい時間をかけてゆっくり液体を落として漉します。
私は材料の上に皿や少し重いものを乗せたりして工夫してやりました。
6kgの材料から、大きいビンの1本半もジュースが採れました。

酵素の砂糖の成分はまったく別の物質に変化しますので、糖尿病の人でも
大丈夫らしいです。ただカロリーが高いので、成人1人当り1日 大さじ2杯
までです。
水など加熱しないものと薄めて飲みます。和え物などのお料理に砂糖代わりに
使えます。

DSC_2862.jpg

ジュースは発酵している生き物なので、常温でフタをゆるめにして風通しの良い
ほこりがこない所に置く。上から大きめの袋をかぶせると良いです。

酵素ジュースに向かない材料ーネギ類、にんにく、ニラ、きのこ類、ネバネバ類、
              輸入果物、薬品の付いていないものが望ましい。

皆さんも少量からでも試しに作って見ませんか?
けっこう楽しいですよ。アワが出て来て、「生きてる」と実感します。
小さな微生物達が自分の体を健康にしてくれると思うと感謝の気持ちが湧いて来ます。
自然を大切に思います。体の健康と共に心も健康になります。

最近の報道で、うつ病は脳の病気だそうです。
脳も内蔵も体全体も細胞です。食べるもので、出来ていると言っても過言ではないです。

食べ物を何にするかの積み重ねで、健康にも病気にもなりますから本当に大切な事ですね。



今日はちょっと長く成ってしまいました。
最後まで見て頂きましてありがとうございます。


ポッチ!と、よろしくねにほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ
にほんブログ村

スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sakuramimiy.blog50.fc2.com/tb.php/715-7e98dc1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。