スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

可愛いお客様&家の子達もスッキリ!&フキとよもぎ♪

2014.05.27(12:41)

ホテルとトリミングのお客様です♪

パピヨン 女の子 カノンちゃん
今回ホテルは3泊4日と初めて長かったです。
夜も寝てくれてとってもお利口さんでしたよ。♪
フードを食べなくて、少しダイエット出来たね。
いつもお家ではごちそうをもらってるのかな?
おばさんの所では、残念ね、フード意外はあたりません。!(笑)
カノンちゃん、根負けして、2日目の夜から、少しづつフードを食べ出しました。
頭の良い子は一度人の食べ物の味を知ると、フードを食べなく成ったりします。
カノンちゃんもそれに当たるようで、私の顔を見ながら、他に美味しいものを
くれるのかな?見たいに食べてました。

トリミングの方ですが、飼い主さんから、短くカットの希望でした。
でも、パピヨンはあまり短いのは可愛くないんですよね。
なのでスキバサミで、3cm強くらいに、自然な感じに、耳の飾り毛も少し残しました。
飼い主さんからはとても喜ばれましたよ。(^_^)v

カノンちゃん、頑張ったね。♪ また遊びに来てね。


DSC_0516-2.jpg

家の子達も全員、トリミングが終わりました。スッキリして気持ちが良いです。

「からだがかゆくないよ♪」 byさくら&あすか

DSC_0517-2.jpg

「シャンプーで毛がサラサラ、いい匂いなのヨ」 by ひめ

DSC_0518-2.jpg

「ワタシたちもスッキリしてきもち良いヨ」 by ももこ&ロミ

DSC_0519-2.jpg



<自然食品お料理コーナー>

マーケットにもパン用の「米粉」を置くようになりました。
ベーカリーの「おいそぎコース」で焼きます。
「米」からスタートするしかできないと思っていました。「米粉」袋の表示通りに
やってみましたら、とっても美味しいパンが出来ました。こちらの方がモチモチで
美味しいですよ。♪(^_^)v


DSC_0504-2.jpg DSC_0503-2.jpg

山菜の「フキ」はそろそろ虫が食いだします。食べれる時期が過ぎる頃になりました。
先日も近くの土手に生えている大きな「フキ」を山ほど採って来ました。二人共
「フキのきんぴら」が大好きで毎日食べています。♪

DSC_0481-2.jpg

茹でて水にひたします。茹で過ぎると皮が溶けてむけません。足りないと茶色く変色します。
湯で加減が必要です。

DSC_0506-2.jpg

皮をむいて水にひたします。
素手でやるとアクで爪の間が黒くなります。薄いゴム手を履くと良いですね。

DSC_0508-2.jpg

「フキのきんぴら」はオリーブオイルで軽く炒めます。
みりん、酒、醤油、さとう少し、出しの元を適量入れます。水は入れません。
ヘラでかまかさずに、鍋の両手をつかみ、ゆすって、フキを回転させます。
中火弱で蓋をしないで、鍋をゆすりながら、汁が無くなるまで、煮ます。
フキの形がきれいなまま煮る事ができますよ。

DSC_0510-2.jpg

これは湯がいて皮をむいた「フキ」を味噌漬けにしました。
漬け物になります。2日くらいで味がしみてシャキシャキして美味しいです。
みりん1:味噌2:醤油0.3:さとう0.1 お好みで調整して下さい。


DSC_0507-2.jpg

「フキ」の貯蔵は塩漬けくらいしかありません。冷凍はまったくダメです。
味付けしても、筋だけ残り固く成って美味しく無いです。長い間貯蔵が出来ないのが
欠点ですね。お鍋に炊いて置いても痛み易いので、毎日火入れをしています。
冷蔵庫でも1週間もつかどうかです。
「佃煮」のように、濃い味にすると持つかも知れません。


「よもぎ」は強い雑草です。アクがありますが、人の健康にとても良い作用をします。
よもぎの栄養成分と効用
造血作用、止血剤、栄養などなど大変に優れたハーブです。

新葉を摘んで、塩ゆでして水にさらします。


DSC_0505-2.jpg

適当に切って、フードプロセッサーで撹拌しペースト状にします。

DSC_0509-2.jpg

容器に入れて置きます。 色々な料理に使います。

DSC_0511-2.jpg

今回は定番の「草だんご」です。
一番簡単な作り方。見た目はあまり良く無いですが、私の昔からよくやる方法です。
短時間で出来るのが、利点ですね。

小麦粉と米粉を1:1で入れ、片栗粉を大さじ1入れて混ぜます。
ペースト状の「よもぎ」を好みで入れ、水を適量入れて、混ぜます。
柔らかさ加減を見て入れます。いっぺんに沢山入れないこと。
少なめに入れて2〜3回混ぜて量を判断します。

DSC_0512-2.jpg

スプーンですくって、煮立ったお湯に入れて行きます。浮いて来たら煮えた証拠です。
最後に湯を捨てます。


DSC_0513-2.jpg

私は、みたらし(砂糖、醤油) と 粒あんが好きなので、両方作りました。
少し柔らかいけど美味しいです。
みなさんもチャレンジしてみては、いかがでしょうか?


DSC_0514-2.jpg

黄色い「菜の花」です。きれいな黄色ですね、小花が集まってるのも好きです。
この「菜の花」は主人が去年畑に植えていた白菜の花です。
春に雪の下から、残っていた、白菜がありまして、茹でたり、みそ汁に入れたり
沢山、食べました。とうとう残ったのから、茎が伸びて花が咲きました。
白菜の花を見たのは初めてです。
この花も食べれます。目でも楽しませてくれて、ありがとう 


DSC_0533-2.jpg






今日も遊びに来て下さいまして、

ありがとうございます。 
 
DSC_2469.jpg

ポッチ!と、よろしくお願いします。励みになります。にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ
にほんブログ村


スポンサーサイト





トラックバック
トラックバックURL:
http://sakuramimiy.blog50.fc2.com/tb.php/809-a1a48a3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。