スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

菜の花まつり&塩こうじを作り活用しましょう♪

2014.06.03(19:25)

6月1日(日曜日)はとっても良いお天気でした。このところ暑いです。
明日は北海道は30度超えるとの予報が出ています。熱中症に気を付けましょう。

隣町の滝川市江部乙町の丸加高原で「菜の花まつり」の案内がテレビで見たので、
さっそく、娘にお願いして、連れてってもらいました。♪
お目当ては「菜の花パエリア」です。♪


DSC_0020-3.jpg

孫も私達もピクニック気分です。いくらか暑い感じでしたが、気分は最高でした。♪

DSC_0026-3.jpg  DSC_0023-3.jpg

これこれ「菜の花パエリア」です。♪ きれいですね。(^_^)v

DSC_0021-3.jpg

ひき肉とゴボウが入っています。後はパプリカと枝豆が入っています。
黄色いけどカレー粉ではありません。菜の花が入ってるか?
解りませんでした。薄味でコクが有って美味しかった♪
「菜の花餅」も美味しかったですよ。


DSC_0024-4.jpg


会場では菜の花畑が見れなかったので、近くを探しました。 有りました。!!!
こんなに満開です。本当に奇麗な黄色ですね。
花の匂いがきつかったです。匂いはあまり好きではないですね。


DSC_0029-3.jpg

でも本当に、この色を見てると、幸せが来る感じがしますね。♪

DSC_0030-3.jpg

何かのドラマの主人公になったような気分でした。
花達から元気を沢山もらいました。「生命」って素晴らしい。♪


DSC_0031-3.jpg




<自然食品お料理コーナー>

皆様もご存知の「塩こうじ」です。以前に、「生甘酒」を作る時に、一緒に
作ったものです。同じ材料で作り方が違うとそれぞれ、「塩こうじ」と「甘酒」に成ります。

お米を「おかゆ」に炊いて、60度に冷まし、「米麹」を混ぜます。
割合は、おかゆ5:麹1 くらいです。
「甘酒」の方は容器に入れて30度〜40度の温度を保てる所に2日置きます。
中間で、かき混ぜます。
「塩こうじ」は容器に入れて、重さに対して、3〜4%の塩を入れます。
塩加減は好みですね。塩を混ぜて、そのまま常温で、毎日かきまぜます。
10日くらいで出来上がりです。保存は冷蔵庫に入れます。


DSC_0005-2.jpg

生鮭を半身買ったので、切り身にして、「塩こうじ」を混ぜました。
痛まず保存出来ます。私は洗わずにそのまま使います。

半分は焼きました。  残りのあまり骨が無い所は、「フライ」にしてみました。
素材に味がしみていますので、調味料は必要ありませんでした。
とっても美味しいですよ。♪   「塩こうじ」はそのまま「おひたし」にかけても
良いですし、ドレッシングに入れて混ぜ、野菜にかけても美味しいですね。

火を通さずに、生で食べると酵素が採れますので、私はなるべくそのように
使っています。


DSC_0016-3.jpg  DSC_0043-3.jpg









今日も遊びに来て下さいまして、

ありがとうございます。


DSC_2469.jpg

ポッチ!と、よろしくお願いします。励みになります。にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ
にほんブログ村


スポンサーサイト





トラックバック
トラックバックURL:
http://sakuramimiy.blog50.fc2.com/tb.php/811-488a159f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。